派遣の仕組みや、派遣についてのみなさんからの
ご質問に、役立つ回答をお届けします!

派遣で色々な経験を積みたいが、職歴が増えると転職に不利?

派遣で色々幾つかの業種をチャレンジしてスキルや経験を積んでからの正社員応募だと不利でしょうか?職歴は派遣でも少なくして、生涯少ない職歴だけのほうが日本の場合よいのでしょうか?海外だと職歴は少ないよりも色々経験があってよいこととされていますが、日本はどうなのでしょうか?

うさぴょん

派遣で色々な業種を経験してスキルを積みたいが、職歴が増えることが転職活動で不利になってしまうのでは?と心配されているのですね。

確かに日本では在職期間や転職回数を採用時の判断材料の一つとしている企業は多くありますし、派遣でも職歴が多すぎると正社員への転職活動をする時に「長く勤められないのでは?」「何か問題があるのでは?」と思われる可能性も無いとはいえません。

多くの会社で経験を積むことがデメリットになるかは、応募する企業の風土や採用担当者の考え方にもよるので一慨には言えませんが、ここでは職歴の多さをデメリットにしないための方法を考えていきましょう。

まずは派遣で経験を積む際は、契約期間満了まできっちり勤めあげること。基本的なことですが、契約期間を全うしてからキャリアアップのために別の職場に移ったと説明できれば、「きちんとしている」「前向きな転職」という印象を与えられるはずです。

次に色々な業種の会社で積んだ経験の豊富さや幅広さ、異なる職場環境や人間関係にも適応できる柔軟性やコミュニケーション能力をアピールできると良いですね。

また正社員応募の面接の時には、なぜ派遣で経験を積んできたのか?今回、派遣ではなく正社員を希望しているの理由は?という質問をされるかもしれませんので、うさぴょんさんなりに自信をもって回答できるようにしておくと良いと思います。

また、応募書類でもひと工夫しておくと良いです。職務経歴書は時系列で職歴を羅列するのではなく職務ごとに記載していく職能別形式での作成をお勧めします。職能別形式の職務経歴書では職歴の多さより、うさぴょんさんが持っている能力や経験が伝わりやすく、応募した職種に必要なスキルや経験があるとアピールできると思います。

うさぴょんさんの今後の派遣での働き方や転職活動時の工夫次第で職歴の多さをアピールポイントにすることが可能だと思います。がんばってくださいね!

この記事が役に立ったらシェアしよう!
派遣Q&Aに質問する
派遣に関しての疑問や
質問がありましたら、ご投稿ください。
会員登録がまだの方
会員登録をすると、プレゼントがもらえるキャンペーンへの参加や質問の投稿など、より便利にサイトを使うことができます。