編集・校正・制作・ライター

編集・校正・制作・ライターかんたんデータ

未経験OKの求人割合
29%
業務リスト
  • 記事・コンテンツの企画・立案
  • 取材
  • ライティング
  • 原稿のチェック
  • 印刷管理
  • 制作進行管理など
平均時給
1635
平均勤務時間
7.5時間
平均勤務時間

編集・校正・制作・ライターの仕事を知ろう!

編集・校正・制作・ライターの仕事内容とは?

編集・校正・制作・ライターの仕事は、出版物や電子書籍、Webコンテンツなどの企画、作家やクリエイターへの依頼、原稿のチェックや校正、取材、作成、印刷管理など、読み物ができあがるまでの様々な工程に関わる仕事です。それぞれの仕事内容は、編集は原稿整理や校正・校閲などを行ないます。校正は元となる原稿と、印刷直前の校正刷りを突き合わせ一字一句確認していく仕事で、原稿に誤りがある際には、正確な表現になるように赤字で指摘を入れていきます。なお校正と明確に区別されていないケースもあるようですが、原稿内に差別表現がないか?書かれていることは事実か?など内容に関するチェック業務は校閲と呼ばれます。制作は文字や色の指定、色の校正、レイアウト、版下制作などを手がけ、ライターは編集者からの依頼を受けて記事を書く仕事です。その他、コピーやファイリング、原稿の受け渡し、連絡業務、原稿用紙・写真の整理など多岐にわたる付随業務があり、未経験者や経験の浅い方は、進行管理の補助や付随業務から手がけることになるケースが多いです。編集・校正・制作・ライターの仕事は、ずっとデスクに向かっているというイメージがあるかもしれませんが、実は取材など外に出て人と会う時間も多くあります。また自分が伝えたいことではなく、「誰に届けたいのか」というターゲットも踏まえたうえで、コンセプトに基づいたものを作成するという点を踏まえて仕事に臨むことも重要です。文章、出版の知識やスキルだけでなく、Webのコーディングや写真、動画などさまざまな知識やスキルを身につけておくことでできる仕事の幅が広がっていきます。

業務リスト
  • 記事・コンテンツの企画
  • 予算取り
  • 取材交渉
  • 取材調整
  • 外注先の選定
  • ディレクション
  • 取材
  • ライティング
  • コピーライティング
  • リライト
  • デザイン・レイアウト
  • 打ち合わせ
  • クライアントとやり取り
  • 原稿チェック(校正)
  • 原稿チェック(校閲)
  • 制作進行管理
  • 印刷管理
  • 色校正
  • ゲラ確認
  • 入稿
  • 原稿整理など

編集・校正・制作・ライターの1日の過ごし方は?

平均勤務時間
7.5時間
平均残業時間
56分/1日
Aさんの場合
9:00
出社、スケジュール・タスクの確認
9:30
メールチェック、依頼内容の確認
10:00
雑誌の記事作成
12:00
ランチ・休憩
13:00
取材のための移動
13:30
取材・写真撮影
15:30
帰社のための移動
16:00
取材内容のまとめ、記事のプロット作成
17:00
インタビュー記事の作成
19:30
メールチェック、翌日のスケジュール・タスク確認
20:00
退社

編集・校正・制作・ライターによって身につくスキル

編集者は、記事やコンテンツの企画~完成までトータルで管理するポジション。企画を立て、コンセプトを決め、それを形にするため関係各所とのやり取りが発生しますので、ひとつのプロジェエクトを取りまとめる力、交渉力・調整力が身につきます。
校正を経験すると校正記号が使えるようになります。職場によっては、一字一句突き合わせてチェックを行う校正業務と、内容のチェックを行う校閲業務のどちらも担うことがありますが、校閲は、表記は統一されているか・差別的な表現はないかなど様々な判断軸を持って原稿をチェックするため、複数の事柄を同時に集中的に進めるスキルも身につくでしょう。
制作・ライターは、デザインやライティングなどの技術が向上するのはもちろん、取材に出向いたり、自身の制作物についてのプレゼンテーションを行う機会も多いため、経験を積む中でコミュニケーション力も身につくと言えます。
また、編集・校正・制作・ライターの仕事は、読み手に記事・コンテンツを届ける仕事。読者にわかりやすく伝えるためにはまず自分がその内容に明るくないといけないので、自ずと関わる領域の知識も深まります。将来的に独立する人も多い職種ですが、得意分野・専門領域を持つことはフリーランスとして仕事をする際にも強みになります。

編集・校正・制作・ライターの経験を持っていると広がるキャリア

編集・校正・制作・ライターの経験を積みスキルを身につけることで、その道のプロを目指すことができます。書籍や雑誌など紙媒体だけでなく、Web媒体での経験も積むことで活躍の場を広げておくと良いでしょう。編集の経験を経て作家やライターに転身する人や、制作・ライターから編集に転身する人もいます。また企業内で経験を積んだのち、フリーの編集やライターなどとして活躍する人もいます。

編集・校正・制作・ライターになるには?

未経験からチャレンジできる?

29%
未経験OKの求人の割合

編集・校正・制作・ライターの求人のうち、29%は未経験からチャレンジ可能なお仕事。未経験OKのお仕事を見つけた際には積極的に応募をしていきましょう!

派遣会社に聞いた「編集・校正・制作・ライター」に向く人ってどんな人?

  • チラシ・パンフレット・カタログなどの販促物や書籍、新聞といった紙媒体の制作をいくつかの工程に分けそれぞれ専任で担当するため、経験・知識のほかコミュニケーション力や納期意識も求められます。その中でも編集は、全行程のとりまとめとメンバー間の橋渡し役を担うためことさら調整力や広い視野が求められるのに対し、校正・制作・ライターは職人としてより技術を求められる傾向にあります。取り扱う媒体の分野が医療・経済・政治・機械など専門的である場合、その業界知識も求められます。株式会社あとらす二十一 クリエイティブワークプロジェクト
  • 編集はマルチタスクで進められるスキル、校正は緻密で正確性を求められます。制作を担当する媒体が専門性が高い場合は、その専門知識も求められます。経験者が優遇される職種ですが、あらたに他職種からチャレンジされる方は、文章が好きな方でスケジュール管理能力が高く、コミュニケーションに自信のある方にもオススメです。株式会社TMJ
  • ライターの場合は、企業/サービスへの理解をいかに早く深められるかが求められます。「書くこと」の専門家ではあっても、サービスの理解が薄いと薄っぺらい文章になりがちです。興味関心をいかに持てるのかと言い換えてもいいかもしれません。株式会社優クリエイト
  • 相手の意図を汲み取る能力・相手から情報を引出す能力・仕入れた情報を正確に発信していく能力が求められます。文章のみで相手に情報を届けなければいけないので、仲間との信頼関係や最良のものを作るという気持ちをもって取り組む姿勢や能力が求められます。株式会社マイナビワークス

編集・校正・制作・ライターに活かせる資格・スキルは?

編集・校正・制作・ライターになる上で絶対に必要な資格はありませんが、基本的な編集・制作のスキルを身につけておくと有利です。出版物の制作行程は分野に関わらず共通していることが多いです。企画~発行までの一連の流れに接すること、関連する書籍を読んだりセミナーに参加したりすることで知識やスキルを身につけておくと良いでしょう。校正には、一定のスキルを資格試験で認定する「校正技能検定」という検定があります。必須の資格ではありませんが、校正者としてお仕事を探す際の知識やスキルの証明になりますので資格取得を検討している場合は参考にしてください。

あると活かせる資格
  • 校正技能検定
  • 文章読解・作成能力検定
あると活かせるスキル
  • Illustrator
  • Photoshop
  • ライティング
  • Word
  • Excel
  • Access
  • PowerPoint

編集・校正・制作・ライターの志望動機例

編集・校正・制作・ライターの志望動機例文

  • 例文1:ライター未経験者・Aさん場合
    学生時代からライターの仕事に興味はあったものの、ライターでの就職は叶わずこれまで3年間広告業界の営業として勤務してきました。営業としての仕事は充実し、リーダーを任されるなど会社の業績にも貢献してきたと自負しておりますが、打ち合わせや修正依頼など日々ライターの方々と接する中でライターへの転職意向が強くなり転職を決意しました。貴社のライター職を志望する理由は2点です。1点目は「ユーザーに正確な情報を届ける」ことをポリシーに全社員が責任をもって制作に取り組む姿勢を大切にしていること、2点目にライティングスキルが身につく研修があり未経験から多くのプロを輩出している点です。これまで営業として培ってきたヒアリング能力や交渉力なども活かしながら、ライターとして成長・早期活躍を目指していきたいと思っています。
  • 例2:ライター経験者・Bさんの場合
    さまざまな業界の顧客との取引実績がある点、ライターが積極的に企画や取材にも関わっていける環境があることを知り、貴社のライター職を志望しています。前職では雑誌広告やフリーペーパー、折込チラシなどの制作会社でライティングの仕事に2年間携わってきました。手がける分野が医療・美容系に偏っていたこと、基本的にはライターはお客様やユーザーと接することはない環境であったため、もっとさまざまな業界のクリエイティブに関わり、自ら企画・取材など幅広い業務に携わってみたいと思い転職を決意しました。これまでの経験を活かしながら、ライターとして貴社で一回り大きく成長し貴社に貢献していきたい考えです。
志望動機 = 企業や仕事の魅力+自分の経験・スキル

「志望動機が思いつかない」「どの求人に出す志望動機も同じ文章になってしまう」という場合は、企業や仕事の魅力、その企業や仕事で活かせそうなご自身の経験やスキルをまとめてみると志望動機が書きやすくなります。

企業や仕事の魅力ごとに、自分の何が活かせるだろう?と考えていくと、あなただけの志望動機に仕上がりますよ!

なお、派遣ではたらく場合は、志望動機で悩む必要はありません。なぜなら、派遣会社が求職者と企業との間に入り、できることや適性をもとに判断して、お仕事を紹介してくれるためです。 具体的には、お仕事に応募→派遣会社から連絡→派遣会社に行き登録(スキルチェックや希望の確認)、お仕事紹介という流れでお仕事が決まります。

編集・校正・制作・ライター経験者の声

未経験から編集・校正・制作・ライターになった人の声

  • 世の中へ何かを発信するにあたって、どういった言葉を用いれば訴求力が増すのか、といったことを知ることで、逆に自分が普段から触れている様々な広告などに対してその言葉や表現の本質を見ることができるようになった。25歳/男性
  • 一般に公開する文書の常識的な構成やルールについて、勉強しながら仕事ができています。 それまでは自分のサイトに日記を書いて身内に見せる程度だったので、仕事としての書き方やレイアウトについて知ることができたのはこの仕事に就いてよかったと感じる点です。46歳/男性
  • 未経験スタートでしたが、字の校正などが出来るようになってきました。物の出来上がりを見ることが出来るので、今まで知らなかったことが知れて勉強になってます。41歳/女性
  • わからないことばかりで、校正をするのが難しかった。字数を合わせたり、間違いを直したり、手配をしたり、国語の力が必要でした。国語が苦手な自分にとっては、合ってるのか間違ってるのか良くわからないこともある。41歳/女性

編集・校正・制作・ライターの「仕事のやりがい」は?

  • 自分が経験したことのない職種の方など、様々な人に会い話が聞けることがやりがいです。また、一般的には開放されていないバックヤードや裏方の仕事内容を見られるということも編集の仕事ならではだと思います。41歳/男性
  • 自分が作ったものが誰かの役に立ったり感謝されたりしたときが嬉しいです。自分が作った本が書店に並んでいるのを見たり、重版になったりしたのを見たとき、苦労が報われたという思いと、誰かの役に立っている喜びを感じることができました。41歳/女性
  • 出来上がったものにユーザーが触れた時、「面白い!」と感じてくれた瞬間がやりがいです。 ユーザーが、私が制作にかかわったゲームのキャラクターを褒めてくれた時は、本当に嬉しかったです。35歳/女性
  • 実際に商品になって、店頭に並ぶのを見つけると嬉しくなる。難しい作業ほど、出来上がった時の達成感はとても嬉しいです。品物1つ1つに単価が付いていて、自分の売り上げになる。1月ごとに集計し、個人個人の売り上げがわかるしくみだったので、先月よりも、他の人よりも売り上げが高かった時は、とても嬉しかった。46歳/女性
  • クリエイティブによる課題の解決ができるところ。直接コミュニケーションが取れない相手と、制作したものを通じて繋がることができるし、そのことでクライアント、カスタマー双方の役に立つことができるし、企業の方針や業績、個人の人生も変える可能性が多分にある。46歳/女性

編集・校正・制作・ライターの「仕事の厳しさ・難しさ」は?

  • 圧倒的に製作時間が少ないことが大変。時間をかけて面白いものをつくるのは誰でもできますが、決まった時間のなかでクオリティの高いものをつくるのは、極めて高い編集能力が必要とされます。そういった側面が、やりがいであるとともに大変な部分といえるかもしれません。41歳/男性
  • 「答え」がない仕事です。どんなに予想ができても、結果が出るまで本当にわからない。 人の気持ちを掴むのは、まさに雲を掴むようなもの。何度も制作に行き詰っていますが、 そのたびに「自分の作ったもので遊んだ人が、どんな顔をしているか想像しろ」という師の言葉を思い出して、一から全てやり直してでも「最高」を求めるようにしています。35歳/男性
  • 取材相手から話を聞き出すことの難しさがあります。事前に取材対象者に対してどれだけの情報が収集でき、何を聞きたいのかをシッカリ準備する必要があります。 読者の紙面登場企画では、事前準備ができないため、いくつかの流れに分けた質問を考えます。 デザイナーと制作にあたってぶつかることもありました。50歳/女性
  • 大枠で捉えることと緻密さの両方を求められることが厳しい部分。納品物のミスは厳しく責任を問われ、売上にも影響する。だからと言って保守的なモノづくりをしていては無難なものしか出来ないため斬新な発想も時には要求される。めいめいが好きなことを言う中で結論を形にする調整能力も必要。45歳/女性
  • 間違うことの許されなさ。紙媒体はもちろん、WEBであっても修正するのに時間もお金も余計にかかることになるので、ミスが許されないという緊張感と不安は常に伴います。また、多くの人と協力し合って仕事を進めるため、突発的にトラブルが発生すると調整に苦労することも、難しさのひとつと言えるかもしれません。41歳/女性

編集・校正・制作・ライターの仕事をして身についたスキル

  • 大胆さと粘り強さの両方が身につきました。企業の代表など、いわゆる「偉い人」へのプレゼンなどの機会もあるので物怖じしないコミュニケーション能力も身につきます。インタビューの機会もあるので、人との深いコミュニケーションを短時間で取るスキルも磨かれました。45歳/女性
  • 何度もミスがないか確認する必要があるため注意力は培われたと思います。たくさんの人と協力して作業する必要があるため、コミュニケーション力も身につきました。多くの仕事を同時並行で行う必要があるため、広い視点で仕事を見る力もついたと思います。41歳/女性
  • 自分の仕事の先にいる「お客さん」が、どんな顔をしているのか。 それを想像しながら仕事をすることができるようになった。 また、ユーモアを盛り込みつつも、正しい日本語を使って、物事を正確に伝えることができるようになった。35歳/男性
  • 初対面の人とも物怖じせずにコミュニケーションがとれるようになりました。また、物事を考えるときに「なぜこうなるんだろう」「なぜこういう考えに至ったんだろう」というように、深くかんがえるクセがつきました。41歳/男性
この記事が役に立ったらシェアしよう!
会員登録がまだの方
会員登録をすると、プレゼントがもらえるキャンペーンへの参加や質問の投稿など、より便利にサイトを使うことができます。