スーパーバイザー

スーパーバイザーかんたんデータ

未経験OKの求人割合
30%
業務リスト
  • オペレータースタッフの育成・評価
  • オペレータースタッフの勤怠管理
  • シフト作成
  • トークスクリプトの作成
  • 業績の管理
  • エスカレーションの対応 など
平均時給
1602
平均勤務時間
8時間
平均勤務時間

スーパーバイザーの仕事を知ろう!

スーパーバイザーの仕事内容とは?

スーパーバイザーには、飲食店や小売店での仕事と、コールセンターなどを運営している企業での大きく2種類があります。飲食店や小売店でのスーパーバイザーは、いわゆるエリアマネージャーで、複数の店舗を管理し事業の成功を担います。一方、コールセンターのスーパーバイザーは、スタッフの人たちへの指導がメインの業務で、派遣で働く場合は、後者のコールセンターでのスーパーバイザーの募集が多くなっています。コールセンターでのスーパーバイザーの具体的な仕事内容は、スタッフの育成・評価、シフト作成や面談といった労務管理、定期的な打ち合わせや報告を通じたクライアントと現場の橋渡し、難易度の高い問い合わせへの対応、トークスクリプトの作成などがあります。事務作業も多く、総受電件数や応答率、稼働率の分析、売上管理、目標管理の設定なども行なうためExcelやWordのスキルは必須となります。スーパーバイザーになる場合、基本的にはオペレータースタッフからスーパーバイザーへとキャリアアップしていきます。未経験からスーパーバイザーになる場合は、オペレーターのことや気持ちを理解する姿勢が欠かせません。近年、コールセンターに寄せられたお客様の声をヒントにサービスの改善や新開発に活かす企業が増えており、貴重な情報の収集拠点としてコールセンターの役割は重要視されています。その中でもスーパーバイザーは、その手腕によってスタッフの離職率が変わると言われるほどスタッフから頼りにされる役割であり、重要なポジションです。

業務リスト
  • オペレータースタッフの育成・評価
  • オペレータースタッフの勤怠管理
  • シフト作成
  • トークスクリプトの作成
  • 業績の管理
  • エスカレーションの対応

スーパーバイザーの1日の過ごし方は?

平均勤務時間
8時間
平均残業時間
83分/1日
Aさんの場合
9:00
出社、業務内容の確認
9:30
朝礼
9:45
メールチェック
10:00
メール対応、勤怠管理、書類作成
12:00
ランチ・休憩
13:00
トークスクリプトの作成・見直し
14:00
対応方法に関する質問への対応
16:00
スタッフ育成計画の作成
17:00
データ整理、報告書類の作成
18:30
退社

スーパーバイザーの経験を持っていると広がるキャリア

スーパーバイザーの仕事では、日々の顧客対応やトークスクリプトの作成によって話す・聞くといったコミュニケーションスキルが身につきます。また、スタッフの方の管理や指示出し、育成などを通じてマネジメントスキルを磨いていくことができます。身につけた経験・スキルはあらゆる業界・職種でも活かしていけますし、コールセンター内でマネージャーなどスーパーバイザーよりさらに上のポジションや、コミュニケーションのプロとしてトレーナーやコンサルタントなどを目指すこともできます。

スーパーバイザーになるには?

未経験からチャレンジできる?

30%
未経験OKの求人の割合

スーパーバイザーの求人のうち、30%は未経験からチャレンジ可能なお仕事。未経験OKのお仕事を見つけた際には積極的に応募をしていきましょう!

派遣会社に聞いた「スーパーバイザー」に向く人ってどんな人?

  • 広い視野を持ち、相手の立場になって物事を考えられる力が求められています。時にはオペレーターの代わりにクレームの対応をすることもありますが、周りから頼られるため非常にやりがいを感じられる職種です。仲間の成長を喜べる方、リーダーシップを発揮できる方に向いています。株式会社サプル
  • 統率力があり、コミュニケーション能力が高い人物。下部者の話をしっかり聞いて思いやりを持って対応が出来る方で、PC能力と水準以上の社会上常識を持っている方が求められます。また、色々な職種を経験している方でハプニングにも即時対応が可能な人材も活躍できます。株式会社KOSMO
  • もっと見る

スーパーバイザーに活かせる資格・スキルは?

スーパーバイザーの仕事に就くにあたって、特別な資格や免許は必要ありませんが、ワードやエクセル、パワーポイントといったパソコンスキルは必須です。また、お問い合わせに対応していくためには業界や商品・サービスへの深い知識・理解が求められます。一般的にはコールセンターでのオペレータースタッフ経験者がスーパーバイザーを目指すケースが多く、顧客対応経験があれば活かしていけるでしょう。

あると活かせる資格
  • MOS
  • 日商PC検定
あると活かせるスキル
  • ワード
  • エクセル
  • アクセス
  • パワーポイント

スーパーバイザーの志望動機例

スーパーバイザーの志望動機例文

  • 例文1:スーパーバイザー未経験者・Aさんの場合
    前職では、アパレルショップの販売員として3年間勤務しておりました。もともと接客が好きで選んだ仕事で、経験を積むうち、お客様の来店目的やご年齢、性別、雰囲気に合わせて接客の仕方を変えるなどの工夫で顧客満足度の向上に取り組んできました。体力の限界を感じ退職をしましたが、これまで身につけた接客スキルを活かして仕事をしたいと思っていたところ、貴社が顧客満足度を何よりも重視してサービスを提供していること、スーパーバイザーの募集をしていることを知り応募しました。前職では接客スキルの後輩育成などにも関わっており、指導経験も活かせると思っております。一度面接の機会をいただければと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。
  • 例文2:スーパーバイザー経験者・Bさんの場合
    貴社ではコールセンターに日々寄せられるお客様の声を大切にし、商品・サービス改善に活かしていることを求人広告を通じて知り応募をしました。前職では、化粧品メーカーのコールセンターでスーパーバイザーとして勤務しておりました。お客様への丁寧な対応を心がけることはもちろん、オペレーターの方々とのコミュニケーションも大切にし、離職率を低下させてきました。スーパーバイザーとしてやりがいは感じていましたが、今後はコールセンターの立場から自社の商品・サービスの改善に関わっていきたいという想いがあり、貴社でならば叶えられると思っています。これまでの経験を活かしながら、貴社に貢献していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
志望動機 = 企業や仕事の魅力+自分の経験・スキル

「志望動機が思いつかない」「どの求人に出す志望動機も同じ文章になってしまう」という場合は、企業や仕事の魅力、その企業や仕事で活かせそうなご自身の経験やスキルをまとめてみると志望動機が書きやすくなります。

企業や仕事の魅力ごとに、自分の何が活かせるだろう?と考えていくと、あなただけの志望動機に仕上がりますよ!

なお、派遣ではたらく場合は、志望動機で悩む必要はありません。なぜなら、派遣会社が求職者と企業との間に入り、できることや適正をもとに判断するので、志望動機は必要ありません。

具体的には、気になるお仕事にエントリー(応募)→派遣会社から連絡→派遣会社に行き登録(スキルチェックや希望の確認)、お仕事紹介という流れでお仕事が決まります。

スーパーバイザー経験者の声

未経験からスーパーバイザーになった人の声

  • いままでオペレーターの視点しかなかったのが、スーパーバイザーになったことで別の視点で物事が見られるようになりました。オペレーターの視点を意識しながらスーパーバイザーの業務をすることで、コミュニケーションや作業手順の整理がやりやすいと感じています。45歳/女性
  • スーパーバイザーになることで、自己管理能力が高められたことが良かったです。 人を育てる能力や人を見る目も養われました。 43歳/女性
  • もっと見る

スーパーバイザーの「仕事のやりがい」は?

  • 人間の可能性を最大限に活かすことができると必ず結果に繋がります。各人に合わせて接し方を模索し、その人が一人前になった時に幸せに感じます。 49歳/女性
  • 人材育成やフローの整理・修正によって効率化が図れたときにやりがいを感じます。 どのように育成すれば効果的かを考えて研修内容を作成した結果、新人が細かい指示がなくても対応できるようになったことがあります。45歳/女性
  • もっと見る

スーパーバイザーの「仕事の厳しさ・難しさ」は?

  • クライアントとの調整と、オペレータのモチベーションの維持が難しいところです。 クライアントの要求がこちらの想定より高い場合、妥協点を検討したりするのに、社内の打ち合わせを繰り返しクライアントが納得するような案を作成したり、クライアントに説明しても再検討が必要になったりすることもあります。オペレータのモチベーションはそれぞれ人によって違うので、長く続けてもらうよう考えて気を配りますが、上手くいかないときもあります。45歳/女性
  • 人材の育成に一番の難しさを感じました。 伝わっていると思っていただけで、実際は届いていなかったということもあります。人材育成が売り上げにも繋がっていくが、それだけではない現実もあります。 バランスのとれた導きをして行くのが難しかったです。43歳/女性
  • もっと見る

スーパーバイザーの仕事をして身についたスキル

  • コミュニケーション能力が以前より向上しました。全体的な流れを考えられるなど視野も広がったと思います。資料作成のスキル、打ち合わせや会議の事前準備や当日の進行、議事録の作成といったスキルも身につきました。45歳/女性
  • 人をみる目が養われて、コミュニケーション能力がついたと思います。 指導する立場の人間として、厳しく自己管理をしていくことも出来るようになりました。 43歳/女性
  • もっと見る
この記事が役に立ったらシェアしよう!
会員登録がまだの方
会員登録をすると、プレゼントがもらえるキャンペーンへの参加や質問の投稿など、より便利にサイトを使うことができます。