販売(アパレル・ファッション・コスメ)

販売(アパレル・ファッション・コスメ)かんたんデータ

未経験OKの求人割合
79%
業務リスト
  • 声掛け
  • 接客
  • 会計
  • 商品陳列・整え
  • 売上管理
  • 開閉店作業 など
平均時給
1352
平均勤務時間
7.5時間
平均勤務時間

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の仕事を知ろう!

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の仕事内容とは?

販売(アパレル・ファッション・コスメ)は、アパレルショップなどでお客さまに向けて洋服やコスメを販売する仕事です。幅広い業務を担いますが、代表的なお仕事としては接客があります。お客様に「いらっしゃいませ」と呼びかけ、店内にお招きし、商品を案内したり提案をしたりします。このとき、お客さまに対する感じの良い接客態度はもちろん、お客さまのニーズをきちんとくみ取り、適当な情報を提供することで売り上げにつなげます。また、自分が接客したお客さまをそのままレジにご案内して会計し、見送りまでするケースも多いので、レジもこなせる必要があります。このような表の仕事以外にも、店内清掃、商品の検品・品出しなどの店内作りも大事な仕事の一環です。また、店舗の大きさや就業年数などによって異なりますが、在庫管理、売り上げ管理、販促ポップの作成などを任されることもあり、多様な能力を発揮することができます。仕事のやりがいは、お客さまに自分の提案などを満足していただけ、喜んでもらえること。そして、ファッションセンスが磨かれていくことも、ファッションに興味がある人にとっては大きなやりがいになります。

業務リスト
  • 声掛け
  • 接客
  • 会計
  • 包装
  • 商品渡し・見送り
  • 店内清掃
  • 配送手続き
  • 品出し
  • 商品陳列・整え
  • ディスプレイ作成
  • ポップ作成
  • DM作成・郵送
  • 売上管理
  • 在庫管理
  • スタッフ管理
  • 商品検品
  • バックヤード業務
  • 店舗会議
  • 本社などでの会議
  • セール準備
  • 開閉店作業 など

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の1日の過ごし方は?

平均勤務時間
7.5時間
平均残業時間
24分/1日
Aさんの場合
10:30
出勤、整理整頓
10:50
朝礼、声だし
11:00
開店作業、接客、商品や売場管理
13:00
ランチ・休憩
14:00
接客、商品や売場管理
19:30
終礼、退勤

販売(アパレル・ファッション・コスメ)によって身につくスキル

販売のお仕事は接客業ですので、身につくスキルとしては対人的なコミュニケーション力が想像しやすいでしょう。「丁寧な言葉遣いやマナーが身についた」「仕事を通じて人見知りを克服した」という経験者の声も多い職種です。特にこのアパレル・ファッション・コスメ系の販売職では、洋服やアクセサリーなど身に着けるものを扱うため、お客さまの趣味・好みを把握することが不可欠。一方的な販売トークを繰り広げるだけではなく、会話を交わして信頼関係を築くことが求められるケースも多いのが特徴と言えます。日々接客を続けることで、商品に魅力を感じてもらうおすすめの仕方、相手に不快感を与えない接し方などがわかるようになり、質の高い接客スキルが身についていきます。また経験を積むことで、相手によってどんなコミュニケーションが適切なのかを見極めたり、臨機応変に対応することもできるようになります。職場によっては、経験を積むに従ってリーダーやチーフ、店長といった立場を任せられることもありますが、こうしたポジションではお店の売上やスタッフの管理業務なども発生するため、1対1で商品を売ることだけでなく、俯瞰した視点で全体を見渡す能力が身につけられるでしょう。

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の経験を持っていると広がるキャリア

販売の経験を通して、相手の気持ちをくみ取るコミュニケーション能力や、接客マナーを身につけることができます。また、ファッションセンスや情報キャッチ力も磨かれます。これらを活かしたキャリアステップとしては、「店長」や「マネージャー」があります。店長・マネージャーは接客や商品管理を行なうだけでなく、スタッフの教育をしたり、毎月の売り上げ目標を追ったりと、店舗運営に関わる仕事にも携わります。その他、プレス、MD、人事、営業など本社勤務の職種へとキャリアチェンジをしていく道もあります。

販売(アパレル・ファッション・コスメ)になるには?

未経験からチャレンジできる?

79%
未経験OKの求人の割合

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の求人のうち、79%は未経験からチャレンジ可能なお仕事。経験がなくても比較的チャレンジしやすいお仕事です。

派遣会社に聞いた「販売(アパレル・ファッション・コスメ)」に向く人ってどんな人?

  • なんといっても「オシャレが好き」「流行に敏感」な人に向いています。お客様におすすめする立場なので、“自分が好きなものを誰かにも直接すすめたい”というマインドの方は楽しみながら働けると思います。新商品の情報をいち早く知れる&カワイイものに囲まれて仕事ができるのが、アパレル販売の醍醐味です。株式会社アクトブレーン
  • 商品のアピール力と積極性が求められる。大半の売場が数名でのチームワークが大事になるため、コミュニケーション能力がないと難しい。 扱う商品に関係なく、また立ち仕事の為健康的で明るい方かどうかは重要な部分。株式会社センチュリーアンドカンパニー
  • 積極性と好感の持てる立ち居振る舞いが求められます。お客様や店舗スタッフ、商業施設の方などとコミュニケーションを取り、周りの状況を把握しつつ、自分がすべきことを考えて行動する積極性があると活躍できるお仕事です。株式会社iDA
  • お客様、店舗内スタッフと良好な関係が築けるコミュニケーション力のある方、笑顔で接客の出来る方、TPOに合った身だしなみ、正しい言葉使いが出来る方、自社ブランドについて勉強して頂ける方、最新のトレンド等に興味がある方といった方に向いています。株式会社パソナマーケティング

販売(アパレル・ファッション・コスメ)に活かせる資格・スキルは?

販売(アパレル・ファッション・コスメ)に就業するために、絶対に必要な資格は特にありません。求められる能力としては、まずは短い時間で相手のニーズをうまくくみ取るための「コミュニケーション能力」です。お客さまのことをよく観察して、どんなことを望まれているのかを瞬時に判断して、うまく説明する能力は、販売の仕事でも大いに役立ちます。また、流行や最新ファッションの情報に対する興味やファッションセンスも、商品の説明をよりうまく行なうためにプラスになるスキルだと言えます。 資格取得を検討している場合は、小売・流通業界で唯一の公的資格である「販売士」、販売知識や販売技術、マーケティング知識などを問う「ファッション販売能力検定」、ファッションに関する造形的知識・技術から流通までの技能を評価・証明できる「ファッションビジネス能力検定」、色に関する知識を体系的に学ぶ「色彩検定」などがあります。また、業務を進める上でパソコンを使用する機会もあり、タイピングなど基本的なパソコンスキルがあると活かせます。

あると活かせる資格
  • 販売士
  • ファッション販売能力検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • 色彩検定
  • MOS
  • 日商PC検定
あると活かせるスキル
  • Word
  • Excel

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の志望動機例

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の志望動機例文

  • 例文1:販売未経験者・Aさんの場合
    もともと貴社ブランドの洋服が好きだったこと、そして貴社の求人を目にし、さまざまなキャリアアップが可能なことを知り、応募しました。前職では、商社の営業事務として5名の営業メンバーのサポートを行なっていました。それぞれの営業スタッフや顧客によって提案資料の作成の仕方など求められるものが違いましたが、希望を細かく聞き、またそれぞれの好みに合わせた仕事を心がけた結果、社内の表彰制度で受賞するなど評価をいただいてきました。転職を決意したのは、もともと好きだったアパレルに関わりたいという思いと、先を見据えたキャリアアップをしていきたいと思ったからです。貴社の求人を見て、販売の道を究める道、本部職の道など社員の希望に応じたキャリアが選べる点に特に魅力を感じました。営業事務で培った個々人に応じて臨機応変な対応をしていくことは、貴社での販売の仕事でも活かせると思っています。まずは販売スタッフとしていち早く戦力になることを目指し、その中で今後のキャリアも考えながら長く貴社で活躍したいと思っています。
  • 例文2:販売経験者・Bさんの場合
    これまでは20代女性をメインターゲットとしたアパレル店で勤務をしておりました。明るく気持ちの良い対応を心がけることはもちろん、20代向けの雑誌に毎月目を通して情報収集をしたりと自分なりに勉強をし続けた結果、接客スキルが評価され入社から半年後に店舗内のリーダーへ、1年後には店長へと抜擢されました。ただ、私個人の希望としては、管理職を目指すよりもお客様と接しているほうが自分には合っていると感じており転職を決意しました。貴社の仕事に興味を持ったのは、販売のスペシャリストとして長く働きたい社員向けのポジションなど社員の希望に応じたキャリアプランがある点です。また、ライフイベントを経て復帰した社員が長く働ける制度整備を積極的に進めている点も、長く働き続けたいと思う私の希望と合致していました。これまでの販売スキルをぜひ貴社で活かしていきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
志望動機 = 企業や仕事の魅力+自分の経験・スキル

「志望動機が思いつかない」「どの求人に出す志望動機も同じ文章になってしまう」という場合は、企業や仕事の魅力、その企業や仕事で活かせそうなご自身の経験やスキルをまとめてみると志望動機が書きやすくなります。

企業や仕事の魅力ごとに、自分の何が活かせるだろう?と考えていくと、あなただけの志望動機に仕上がりますよ!

なお、派遣ではたらく場合は、志望動機で悩む必要はありません。なぜなら、派遣会社が求職者と企業との間に入り、できることや適性をもとに判断して、お仕事を紹介してくれるためです。 具体的には、お仕事に応募→派遣会社から連絡→派遣会社に行き登録(スキルチェックや希望の確認)、お仕事紹介という流れでお仕事が決まります。

販売(アパレル・ファッション・コスメ)経験者の声

未経験から販売(アパレル・ファッション・コスメ)になった人の声

  • もともと雑貨などが好きだったので、毎日好きなものに囲まれるのが楽しいです。また、商品知識が増えるので、自分が買い物をする際にも知識を活かしてより良いものを選ぶようになりました。また、ラッピングスキルも実生活で活かせています。27歳/女性
  • シーズンごとの洋服のトレンドに敏感になり、入社する前よりもファッション感覚に関する部分が強くなりました。 また、人と働くということがいかに難しく、また素晴らしいことであるか、チームで働いていく中で知ることができました。26歳/女性
  • 人と話すことが苦手だったけれど、接客を通して初対面の人でも誰とも話ができるようになった。21歳/女性
  • 普段買い物にいって色々なお店に入ったときにスタッフの方に感謝を伝えるようになりました。仕事の中で「ありがとう」と言われる瞬間が私は一番嬉しかったので、色んな方へ笑顔で感謝を伝えられるようになったのは何よりの財産です。19歳/女性

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の「仕事のやりがい」は?

  • お客様が喜んでくれるのがやりがいです。以前、60代の方を接客した際に、ネイルカラーを褒めたら買い物後に「良い買い物させてくれたし、褒めてもらえて嬉しかったから良かったら使って」とわざわざ同じカラーのネイルをプレゼントしてくださいました。とても嬉しくて、今でも大切にとってあります。20歳/女性
  • レイアウトやポップなどで売り上げを伸ばしたり、自分の仕入れた商品が売れたりしたときです。入社時は赤字だったのですが、売り場の工夫をして、昨年は全店舗で売り上げ成績1位になりました。 また、お客様のご要望にあったご提案や、ラッピングをした際に、「ありがとう」と直接感謝の気持ちをいただけることにやりがいを感じます。27歳/女性
  • 自身の好きなブランド商品と触れ合えることが何よりうれしいです。そのブランドの「顔」としてお仕事しながら、お客様にも喜んでいただけると、仕事のやりがいや喜びを実感することができます。「貴方に選んでもらってよかったわ」というお言葉が何よりも嬉しいですね。35歳/女性
  • お客様が着てみたいと思うディスプレイを日々、シーズンやトレンドを考えながら作り上げてお客様の反応が良かったり、同じものをお買い上げ頂いたりするととてもやりがいを感じます。また、店長などになると、お店のスタッフ全体の調和を心掛けて皆が楽しく働いて育っていくのも仕事のやりがいだと思います。54歳/女性

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の「仕事の厳しさ・難しさ」は?

  • お客様のニーズを聞き出すという事がとても難しいです。お客様自身も一体なにが欲しいのかわからない、でも何か服がほしいというときが特に難しかったです。どういったときに着たくて、どんな色なのかイメージなのかを聞いていきました。27歳/女性
  • お客様によって対応が異なることです。 1人の方には上手く言ったことも別の方には通用しない。昨日喜ばれたことが今日はクレームになってしまうかもしれないという点で判断力の大切さが難しさではないかと思います。28歳/女性
  • 全ての商品がすぐに売れる訳ではないので、場所や陳列方法を考えて「いかに売れるか」をいつも考えていました。 シーズンや行事、天候や気温にも気を配って、打ち出す商品を替えたり工夫をして「お客様が喜んで購入していただける価格」で提供できるようにしていました。42歳/男性
  • お客様に声をかけるタイミングです。いろんなお客様がいる中で声をかけるべきお客様を見極めるのはとても大変な事だと感じました。時間がかかってしまうと話かけずにお店を去ってしまうこともありました。27歳/女性
  • 接客業なので、言葉遣い、目線、表情、全てに気を配るとなると最初はなかなか難しかったです。体調が悪く、マスクをして接客に当たっていたとき年配のお年寄りの方が「私は耳が悪いから、マスクをされていると声が聞き取りにくい」と言われたときは自分の未熟さに凹みました。常に相手の立場になって考えることはすごく難しいと思います。19歳/女性
  • 接客を嫌う人は沢山います。私自身も正直かなり苦手です。その中でどうやってお客様の気持ちに寄り添うか、欲しいものを聞き出すかが難しかったです。自分のペースの接客ではなく、お客様ペースで寄り添いゆっくりと時間をかけてお話していくことが大切だと思いました。20歳/女性

販売(アパレル・ファッション・コスメ)の仕事をして身についたスキル

  • 臨機応変に、一つの物に対し最低10以上の良さを伝えられるスキルを身につけました。メリットやデメリット、比較を上手に伝えるのが得意です。後は人を見る目は養ったと思います。どんな物が好きか大体見抜けます。顧客作りも得意になりました。38歳/女性
  • 毎日の様に商品が納品されるので、大量の商品をいかに効率良く捌くかや、売上データーや日取りを確認し発注の数を調節するなど、先を読んで行動する力が身につきました。 26歳/女性
  • 老若男女の方々にご案内するので言葉遣いや表情は自然と身につきました。 スーツをメインに取り扱っていたこともあり、見ただけでその人のサイズがほぼわかるようになったし、色についてやコーディネート力の勉強会もあったので知識が身につきました。40歳/女性
  • 接客スキルが年々上がっていったと思う。お客様の顔を見て今どう思っているのかだったり、要望にも応えられるようになった。礼儀も身についた。チーフリーダーも経験でき、お店をまとめたり、数字を表したりと、皆の中心になってまとめる知識も得た。28歳/女性
  • 学生のときは人見知りが激しく、クラスメイトとさえ緊張して話が上手く出来なかったが、接客業に就いたことでコミュニケーション力が身についた。商品の説明や良さをアピールしなければ売れないという状況から、徐々に人見知りを克服し、初対面の人ともスムーズに会話できるようになった。54歳/女性
  • 丁寧な言葉遣い、社会人としてのマナー、ふるまい、思いやり、身だしなみなど、人としての大切なことをたくさん学びました。中でも相手を思いやる気持ちは、やはり1番身についたと思います。また、さまざまな年齢の方とお話できたので、普段の生活の中でもそれが生かされております。36歳/女性
この記事が役に立ったらシェアしよう!
会員登録がまだの方
会員登録をすると、プレゼントがもらえるキャンペーンへの参加や質問の投稿など、より便利にサイトを使うことができます。