営業事務

営業事務かんたんデータ

未経験OKの求人割合
70%
業務リスト
  • 受発注データ入力
  • 電話・メール応対
  • 請求書作成
  • 顧客情報の登録
  • 入出金管理・照合
  • 依頼書作成 など
平均時給
1497
平均勤務時間
7.5時間
平均勤務時間

営業事務の仕事を知ろう!

営業事務の仕事内容とは?

営業事務は、社外にいることが多い営業担当者が顧客との交渉などに注力できるように、社内での事務業務をサポートするお仕事です。そのため、会社によっては「営業サポート」や「営業アシスタント」と呼ぶこともあります。具体的な仕事内容は、請求書などの書類作成、受発注データの入力、社内会議用資料の準備などが挙げられます。事務とは言え、依頼された仕事を黙々とこなしていくだけではありません。営業担当者やクライアント企業とうまくコミュニケーションをとって仕事を進めていくことも必要です。ですので、ExcelやWordのパソコンスキルだけでなく、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルも求められます。サポートしたときに営業担当者から「ありがとう」と感謝されたときや、顧客と信頼関係を築けたときにやりがいを感じる人が多く、「コミュニケーションをとりながら人をサポートすることが好き」という人におすすめのお仕事です。

業務リスト
  • 受発注データ入力
  • 電話・メール応対
  • 請求書作成
  • 社内資料の準備
  • 顧客情報の登録
  • 入出金管理・照合
  • 受注内容確認
  • 依頼書作成
  • 商材の手配・計上
  • 朱印押印の手配
  • 納期調整
  • 社内申請対応
  • 伝票処理
  • 在庫管理
  • 棚卸補助
  • 販促資材の整理
  • サンプル品の発送
  • 売上データの入力
  • 売掛・買掛金管理
  • データ集計
  • クレーム対応

営業事務の1日の過ごし方は?

平均勤務時間
7.5時間
平均残業時間
28分/1日
広告会社で勤務するAさんの場合
9:00
メールのチェック、1日のタスクの確認・優先順位付け
9:30
担当営業のスケジュール確認
10:00
見積書の作成・電話対応
12:00
ランチ・休憩
13:00
伝票処理・受注処理・発注対応
16:00
提案資料の作成や補充
17:30
翌日のタスクの確認・整理
18:00
退勤

一般事務によって身につくスキル

営業事務は社内外のさまざまな人と関わりながら営業担当をサポートする仕事ですので、社内外のコミュニケーション能力・タスク管理スキル・臨機応変な対応力・事務処理能力などが身につきます。 社内外のコミュニケーション能力とは、営業さんとすれ違いのないよう意思疎通すること、社内外の人と交渉・調整すること、お客様の話をしっかり理解して受け答えをすることなど、いろいろな方面に向けて気持ちよくやりとりをするスキルのことです。また、営業事務では複数の業務を同時進行ですすめていきますので、「この案件の納期はいつか」「優先順位が高いのはどちらか」「この業務の関係者は誰か」などを把握するための、タスク管理能力も高まります。ルーティン業務だけでなく営業からの頼まれ仕事が発生することもありますので、それに対応できる臨機応変さも身につきます。そして、資料作成や売上データの集計をする際に、Word・Excel・PowerPoint・Accessを使用するので、パソコンスキルと事務処理能力を習得できます。このほかにも、商品の知識、経理の知識、数字を扱うスキル、ビジネスマナー、クレーム対応のノウハウなど…幅広いスキルを学ぶことが可能です。

営業事務の経験を持っていると広がるキャリア

営業事務の経験を活かして、「経理事務」「英文事務」「秘書」などにステップアップする道もあります。「経理事務」には、請求書・見積書などの書類作成や、売り上げ管理の経験が活かせます。営業事務の経験に、語学力をプラスすることで「英文事務」へ。また、人をサポートすることにやりがいを感じやすいのであれば、秘書技能検定を受けて「秘書」を目指すのもよいでしょう。資料作成を通じて身に付くパソコンスキル、営業担当者・顧客とのやりとりのなかで身につくコミュニケーションスキルはどこでも通用するスキルです。営業事務の経験を通して、上記のお仕事以外の選択肢も増えていくでしょう。もちろん、営業事務としてさらに責任ある仕事をするなどのキャリアアップも可能です。

営業事務になるには?

未経験からチャレンジできる?

70%
未経験OKの求人の割合

営業事務の求人のうち、70%は未経験からチャレンジ可能なお仕事。経験がなくても比較的チャレンジしやすいお仕事です。

派遣会社に聞いた「営業事務」に向く人ってどんな人?

  • 人とコミュニケーションを取りながらお仕事することが好きな方におすすめです。営業さんやお客様と直接関わり、納期調整など自ら主体的に動くことも時には求められます。そういった場合も含め、人と関わりながらお仕事がしたい方に向いています。株式会社リクルートスタッフィング
  • 社内や社外、取引先など、多くの方と関わることが多いため、明るい対応ができ、コミュニケーションを取りながら業務を進められる方が向いています。色々な調整ごとなどをスムーズに対応できるスキルも求められます。旭化成アミダス株式会社
  • もっと見る

営業事務に活かせる資格・スキルは?

営業事務になるために必須の資格などはありません。ただ、請求書などの作成を行うため、Word・Excelなどの基本的なパソコンスキルは必要です。社内での会議資料や顧客向けのプレゼンテーション資料などの作成を行う場合もありますので、PowerPointが使えたら活かせます。また、社外の営業担当者や顧客とやり取りしながらお仕事を進めていきますので、電話・メールでのコミュニケーション能力とビジネスマナーも身につけていると、スムーズに仕事を進めることができます。何か資格取得をしたいと考えている場合には、Word、Excel、PowerPoint、AccessといったOffice製品の実技スキルを示すことができるMOSや、一定以上のビジネスマナーの理解があることが示せる秘書検定などがおススメです。

あると活かせる資格
  • MOS
  • 日商PC検定
  • 秘書検定
あると活かせるスキル
  • Word
  • Excel
  • Access
  • PowerPoint

営業事務の志望動機例

営業事務の志望動機例文

  • 例文1:営業事務未経験者・Aさんの場合
    貴社でなら、バックオフィス業務を極められそうだと思い、興味を持ちました。前職では広告会社の営業として、顧客に広告提案を行なっておりました。少数先鋭の組織でしたので、営業活動以外にも資料作成や効果分析なども行なっており、その中で、営業を支える側の仕事をもっと極めていきたいと思うようになりました。わかりやすい資料が作れるようにと、ExcelやPowerPointのスキルは身につけています。これまでの営業経験や、営業活動を通じて培ったコミュニケーション能力を活かして、貴社に貢献していきたいと思っています。
  • 例文2:営業事務経験者・Bさんの場合
    貴社の求人広告を拝見し、幅広い仕事に臨める環境があることを知り応募いたしました。前職では営業事務として、営業メンバーの売上管理、申し込み処理などを担当していました。緊急度の高い仕事から取り組むなど優先順位をつけて仕事に臨むことで、営業メンバーから感謝され、業績に貢献できることにやりがいを感じていました。営業事務として、今後は更に仕事の幅を広げていきたいと思っています。これまでの経験を活かして貴社の営業活動に貢献していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
志望動機 = 企業や仕事の魅力+自分の経験・スキル

「志望動機が思いつかない」「どの求人に出す志望動機も同じ文章になってしまう」という場合は、企業や仕事の魅力、その企業や仕事で活かせそうなご自身の経験やスキルをまとめてみると志望動機が書きやすくなります。

企業や仕事の魅力ごとに、自分の何が活かせるだろう?と考えていくと、あなただけの志望動機に仕上がりますよ!

なお、派遣ではたらく場合は、志望動機で悩む必要はありません。なぜなら、派遣会社が求職者と企業との間に入り、できることや適性をもとに判断して、お仕事を紹介してくれるためです。 具体的には、お仕事に応募→派遣会社から連絡→派遣会社に行き登録(スキルチェックや希望の確認)、お仕事紹介という流れでお仕事が決まります。

営業事務経験者の声

未経験から営業事務になった人の声

  • 営業事務になることで、経理や総務的な業務にも携われたのが良かった。 経理や総務の専門的な深い知識が身についた訳ではないものの、もし今後経理や総務に転職しても頭に入ってきやすいと思う。20歳/女性
  • 膨大な数の業務を、優先順位をつけて時間内に終わらせるという基本的な業務スタイルを身につけることができた。社内コミュニケーションがほとんどではあるものの、社内の人との関係を築くことによって業務をスムーズに進めることができることを学び、コミュニケーションスキルも磨くことができた。25歳/女性
  • 未経験でも少しずつ任される仕事が増えていって気づけばできる仕事が多くなっています。日常ではなかなか使わないエクセルや商品知識なども教えてもらったり勉強したりしてスキルがついたと身をもって実感できています。26歳/女性
  • 一からのスタートでしたが、その分皆が仕事を進めやすいようにと試行錯誤しながらやり方を考えていけたことが、良い経験になったと思います。38歳/女性

営業事務の「仕事のやりがい」は?

  • お客様のご要望にしっかりとお応えすることが出来たとき、また、プラスアルファのご紹介がお客様に響いたとき、お喜びの声を頂けることが励みとなり、より良い応対をしようと常に向上出来ることにやりがいを感じていました。36歳/女性
  • 営業が仕事を安心して進められるよう、何が必要か、どうしたら仕事がスムーズに進むかを常に考えて行動しています。 仕事をお願いされた時すでにやり終えていたり、先回りして仕事を進められていて感謝されたりすると、やりがいを感じます。41歳/女性
  • やりがいは信頼を得られることです。 顧客の担当営業ではありませんが、顧客と営業の間の大切な架け橋です。顧客と営業だけでは足りない作業を逐えることで信頼を得ていく仕事です。社内外問わず営業の状況を誰よりも知るのもとして信頼を得ています。33歳/女性
  • ExcelやAccessでの集計作業や新規データベース作成など、 営業さんから業務がやりやすくなったと感謝の言葉をいただけた時。 直接数字の上がり下がりを常に把握しているため、自分の仕事が営業さんの成績にも結びついているんだなぁと思えたとき。39歳/女性
  • 社内だけでなく、営業マンを通してお客様と触れ合うことができ、お客様の要望をカタチにしていくことにやりがいを感じました。 自分が営業で外に出ることはないが、外と触れ合える部分が、営業事務の良いところだと思います。38歳/女性
  • 営業の方の仕事を近くで見ることができ、後方支援の充実感があります。日々のルーティン業務の効率化など、営業の方の負担軽減が実現した時はとても達成感がありました。お手伝いしたプレゼン資料で契約が決まった時も嬉しいです。41歳/女性
  • 会社の売上を牽引している営業部のサポートに携わることで、会社に貢献できていると感じられる。また、営業部のみなさんの役に立てることがやりがいで、営業部のみなさんがとても感謝してくださることが嬉しいです。42歳/女性

営業事務の「仕事の厳しさ・難しさ」は?

  • それぞれの仕事の内容によるが、ミスが命取りになることもあるため、間違いがないか1つ1つ丁寧にこなす必要があるものの、同時にスピード感ある対応も求められるという怖さがある。 41歳/女性
  • 営業との連携が難しいです。営業との話がちゃんとできていなくて、間違った製品を発注してしまう事がありました。営業とはコミュニケーションを取り、少しでも不安な事があればすぐ聞くこと、また何度も確認をすることが大切だと学びました28歳/女性
  • 自分がミスしたことを、自分で決着つけられればまだいいのですが、営業担当の方に、謝罪やクライアント対応をしていただかないといけなくなるので、クライアントに関わることは、特に最新の注意をします。41歳/女性
  • 資料の作成や、数字の集計を依頼された時、どのような用途で必要なのかをしっかりヒアリングしないと、求められている形が出来上がらない。人によって伝え方も求めているものも違うので、そこをしっかりコミュニケーションを取って埋めることが難しい。31歳/女性

営業事務の仕事をして身についたスキル

  • 物事の先を読みながら仕事を進める能力がつきます。人が何をして欲しいのかを自然と考えるようになるので、人間的にも成長できているのではないかと思います。世話を焼くのが好きな人にはオススメな仕事だと思います。41歳/女性
  • パソコンに関してはタイピング速度の向上やアクセス・ワードなどのソフトの知識も自然とつきました。また営業さんや他の事務の方とのコミュニケーションが大切なので、コミュニケーション能力、伝える力もついたとおもいます。26歳/女性
  • 多岐に渡る仕事をこなすため、まず優先順位をつけて、効率よく正確に業務を行えるようになりました。また顔の見えない客先と電話やFAXでやりとりしていくうちに洞察力が身に付き、先方の癖や特徴を踏まえて行き違いのないよう計らうことができるようになりました。25歳/女性
  • 元々はとても苦手だった電話対応ですが、たくさん経験することでそれなりに適切な対応ができるようになったと思います。 PC操作では、特にExcelがかなり上達し、データ処理はもちろん、VBAでのマクロ操作もかなりできるようになりました。42歳/女性
この記事が役に立ったらシェアしよう!
会員登録がまだの方
会員登録をすると、プレゼントがもらえるキャンペーンへの参加や質問の投稿など、より便利にサイトを使うことができます。